タスクスケジューラーから PowerShell スクリプトを実行する

実行環境

実行環境は以下となります。

  • Windows Server 2019

タスクスケジューラーからの実行

バッチファイル(.bat)だと、タスクスケジューラから実行する際はファイル名の指定だけで実行されるけど、PowerShell はひと手間必要です。

操作」タブから「新規」をクリック。

 

以下のように、プログラムのところには powershell.exe を指定して、引数のところで実際のスクリプトファイルを指定します。

項目 設定値
プログラム/スクリプト C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe
引数の追加 (オプション) -Command “[スクリプトファイルパス]”
開始 (オプション) 実行時のカレントディレクトリ。未指定時は C:\Windows\System32